加圧トレーニング 【大阪府岸和田市 JR下松駅から徒歩10分 貝塚市、泉大津市、高石市、泉佐野市、熊取町、泉南市、阪南市などから来られています。】 サイトマップ
HOMEクライアント様の声効果の出易い方・出難い方効果の事例
加圧トレーニングとは当施設のご案内・料金当施設のこだわりお問い合わせ

 ★男性の方へ

  ■当施設で加圧トレーニングをされる男性の目的は?

     


  ■ダイエットされたい方へ

    生活習慣病(糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症、高血圧)
    という言葉がよく聞かれますが、生活習慣病になる前に体を
    ギュッと引き締めませんか?
    人生まずは健康が1番!
    「ダイエットしようか?」と思われている今、真剣に取り組んでみませんか?
    勿論1人で運動や食事に気をつけられてもダイエットはできると思います。
    でも、なかなかそれでは上手くいかないケースが多いようです。
    当施設をご利用頂く方々は
     ・1人だとついついサボってしまうが、運動せざるを得ない環境になる。
     ・1人だと運動をしても手を抜いてしまうが、手を抜かずに運動できる。
     ・加圧トレーニングにより痩せ易い体質になりますので、より少ない
      努力で痩せる事ができる。
     ・トレーナから食事面や運動面のアドバイスをもらいながらダイエットできる。
     ・高いモチベーションを持ち続けて取り組める。
    といったところをメリットとして感じて下さっています。
    是非、あなたもダイエットを成功させてみませんか?
    全力でサポートさせて頂きます。
   ■筋力アップされたい方へ    
    加圧トレーニングは普通のトレーニングでは得られない効果が期待できます。
    筋肉は大きく速筋※1 と遅筋※2 の2種類に分かれます。
    速筋は重い負荷をかけるトレーニングで鍛えられます。一方の遅筋は
    軽い負荷のトレーニングを長時間続ける事によって鍛えられます。
    従いまして普通のトレーニングでは速筋と遅筋を同時に鍛えることは
    できません。
    加圧トレーニングは軽い重量の負荷しかかけませんので、まず遅筋が
    活動します。ただ加圧している事によって血流量が充分でなくなります。
    そうすると遅筋に送られる酸素が不足します。これは大きい負荷の運動を
    行っているのと同じ状態を人工的に作り出していることになります。
    その為、脳が大きい負荷を受けていると錯覚して、速筋に活動するよう
    指示を出します。
    このようなメカニズムで遅筋と速筋を同時に鍛える事ができるという
    大きな特徴がございます。
    また、速筋を鍛えたい場合、普通の筋トレでは、自分の意思で頑張って
    筋肉を追い込まなければ鍛えられませんが、加圧トレーニングの場合、
    自分の意思に関係なく、人工的に追い込まれた状態を作り出します。
    従いまして、速筋を鍛え易いトレーニングです。
     ※1速筋
       高い負荷がかかった時に働き肥大化しやすい筋肉です。
       ただし疲れやすく持続性はありません。
       重いものを長時間持ち続けられないのはその為です。
       「筋肉を大きくしたい」「力が強くなりたい」場合は
       速筋を鍛える必要があります。

     ※2 遅筋
       低い負荷がかかった時に働き肥大化しにくい筋肉です。
       ただし疲れにくく持続性があります。ウォーキングや
       ジョギングなどの軽い運動が長時間継続できるのは
       遅筋が使われるからです。
       「筋肉を引き締めたい」「持久力をつけたい」場合は
       遅筋を鍛える必要があります。



  
■あなたも変わってみませんか?


     是非、今あなたが変わったらどういう世界が広がるのかを考えてみて下さい。

       

     などなど。
     きっと変わった暁にはすばらしい喜びが待っている事でしょう。
     変わりたいと思われている今がまさに旬の時期だと思います。
     是非、今新しい喜びの世界に向かって歩み始めて下さい!
     しっかりサポートさせて頂きます。



     Yahoo地図

  
  
         地図の印刷 
     メールでのお問い合わせ

「加圧トレーニング」及び「KAATSU TRAINING」は(株)サトウスポーツプラザの商標です。
  「KAATSU TRAINING」のロゴマークは(株)サトウスポーツプラザの登録商標です。
sitemap  link
 COPYRIGHT(C)2009-2016大阪岸和田加圧トレーニングセンター All right reserved. 
男性の方へ トレーナープロフィール 大阪岸和田加圧トレーニングセンター